第1回 鉄研対抗 い鉄甲子園の開催について

いすみ鉄道からのおしらせ

2021年8月1日(日)「第1回鉄研対抗 い鉄甲子園」を開催いたしました。

千葉県内および隣接する都県の高等学校から6校9チームの応募があり、第一次選考を通過した4校6チームの皆様が最優秀賞キハ28の貸切権をかけ、発表を行いました。

コロナ感染症拡大の影響でZOOMによるオンライン開催でしたが、創意工夫されたアイデアと熱意ある素晴らしい発表が伝わってきました。

決勝出場校一覧

学校名アイデア
市川学園・市川高等学校「キハ犬」の運行最優秀賞
市川学園・市川高等学校「キハキャン」の提案優秀賞
芝浦工業大学柏高等学校いすみ鉄道サイクリング地域おこし協力隊賞
渋谷教育学園幕張高等学校SDGs for ISUMI地域おこし協力隊賞
岩倉高等学校謎解きイベント社長賞
岩倉高等学校SNSで未来を変えろ!優秀賞

受賞校

最優秀賞は、市川学園・市川高等学校の「『キハ犬』の運行」となりました。

「『キハ犬』の運行」とは

「キハ犬」は、犬をゲージに入れず列車に乗せるという発想のアイデアです。通常、犬を列車内に乗せる場合は、ゲージが必要ですが、愛犬と乗りたい飼い主がいることに目を付けた「愛犬と一緒に観光をする」事に特化した事例です。

土休日に大原~大多喜間で、定期列車に1両増結する、もしくは既存の1両を列車「キハ犬」として運行などを想定しています。

また、一般客も車内で犬と触れ合うことで、車内を交流の場にします。さらに、犬駅長を就任させ、駅にドッグランを設置することで「いすみ鉄道=犬」というイメージを定着させることも考えています。

皆様の素晴らしいご提案ありがとうございました!今後の参考とさせていただきます。

引き続き、いすみ鉄道をよろしくお願いします!