JR四国+いすみ鉄道コラボ企画 キハ28四国急行ヘッドマークイベント

いすみ鉄道からのおしらせ

 四国旅客鉄道株式会社といすみ鉄道株式会社は、10月1日から開始の四国デスティネーションキャンペーンが行われるのを記念し、いすみ鉄道キハ列車を使用しこれを宣伝するキャンペーンイベントを開催することとなりました。

 JR四国より、かつての国鉄(JR)予讃線急行列車「いよ」「うわじま」号のヘッドマーク(松山運転所保存所蔵品)を借受け、同じ形式にて運転のいすみ鉄道キハ28型へ装着し運転する事とし、関東地方へのキャンペーンアピールと国鉄型気動車列車の魅力発信を図る事になりました。

ヘッドマーク借用期間

2021年10月1日(金) から 2021年12月31日まで

掲出車両

キハ28 2346【所属:いすみ鉄道(株)】

キハ28 2346 は1964 年に製造された急行型気動車。
国鉄時代は主に山陰地方で急行列車として活躍し、JR 西日本に継承された。JR 西日本ではワンマン改造を受けた後、北陸地区で普通列車として使用され、2012 年からいすみ鉄道所属。

掲出物

急行ヘッドマーク「いよ」「うわじま」【所蔵:四国旅客鉄道(株)】

「いよ」「うわじま」はかつて、高松~松山・宇和島間の優等列車に使用されていた愛称名。その歴史は古く、SLが牽引する準急列車がその始まり。このヘッドマークはキハ28 等による気動車急行時代に使用されていたもの。その後、特急列車への格上げにより、急行「いよ」「うわじま」ともに廃止された。

ここがポイント

今回掲出するヘッドマークは、旧国鉄時代に実際に使用されていたもので、四国旅客鉄道(株)が所蔵しているものです。

愛称名は「うわじま」及び「いよ」が選択式となっております。
どちらの愛称名が掲出されるかは、当日のお楽しみとなります。

10月のヘッドマーク掲出日

10月9日(土)より取付ての運転を開始し、

・土曜日「いよ」

・日曜日「うわじま」

を掲示した状態にて、キハ28先頭部に装着し運行いたします。11月以降の取付予定は決まり次第HPにてお知らせいたします。

ヘッドマーク掲出列車・車両と運行ダイヤ

 いすみ鉄道102D~101D~104D,国鉄型気動車列車全区間、キハ28先頭部に取付け

  102D 大多喜11:37発~大原12:16着

  101D 大原12:46発~大多喜13:23着、13:26発~上総中野13:50着

  104D 上総中野14:00着~大多喜14:23発

  ※102D大多喜~大原、101D大原~大多喜 急行

   101D大多喜~上総中野、104D上総中野~大多喜 普通

いすみ鉄道時刻表はこちらのページをご覧ください。

アーカイブ
いすみ鉄道からのおしらせ
シェアする
いすみ鉄道公式ウェブサイト